あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

自分の時間を確保するためにしたこと

f:id:masami11662277:20180406104403p:image

 

お久しぶりです。あるとです!

更新が止まったままになっていましたが、寝ていたわけではありませんよ。

 

自分の時間を作るという課題がなかなかできずにいましたが、やっと作り出せるようになってきたので日々更新が続けられれば良いと思います!

 

自分の時間はどれくらい必要か?

まずは考えました。「どのくらいの時間で何をしたいのか?」とりあえずは「ブログを書きたい」です。

 

1記事を更新するのに最短30分とします。30分ぐらいなら、すぐに捻出でしそうだ!と安易に考えていたら続きません。

消費するのは時間だけではないのです。

 

やりたいことができる時間帯を知る

30分であれば、寝る前の時間を使ってちょこちょこっとブログ更新ができるのではないかと思っていましたが、実際には無理でした。

その理由としては、「眠くて」「頭が働かない」ので「文章が浮かばない」からです。

 

頭を使うことは午前中のうちに片付ける、午後は頭を使わずにできる単純作業などの仕事をすると効率的に進められるということはご存知でしょうか。

家事も同じです。私の失敗も、まさにこれでした。

 

午前中は掃除、洗濯、子どもの離乳食など家事で終わり、午後から作業をしようにも怠さが勝り、なかなか思うように事が進みません。それに、夕方には娘を風呂に入れ、夕飯の支度、寝かし付け、と絶え間ない流れがあります。ゆっくりできるのは、子どもが寝た後の時間のみ。そう思っていたのです。

 

ブログを書くのは頭を使った作業に入るので、午前中にやらないと出来ない!そう確信しました。

 

時間を見つけるために1日を書き出す

午前中にブログを更新すると決めたら、まずは1日の流れを振り返りました。

 

起きてから昼までに毎日やっていることを書き出すと、だいたい同じことの繰り返しです。最近は子どもの起きる時間も離乳食の時間も決まってきたので、同じルーティンでした。

 

朝食の準備、朝食、洗濯機を回す、ゴミ出し、食器洗い、子どもの着替え、離乳食作り…など時間を書き込みつつ記録していきます。大まかな事柄の隙間には、小さな事柄も書き出していきました。そうすると、毎日娘が寝ている時間がありました。だいたい30分ぐらいの午前寝です。

「ここだー!」

心の中で叫びましたね。

 

あとは、次の日の計画を立てるだけです。

 

やりたいことのために時間を作る

1日の中でやりたいことの時間を作るまで、もう一息です。「明日から始めるぞ!」と意気込んでまずは計画を立てました。

 

前述した1日の流れを、理想的な時間と順番にします。現実からかけ離れすぎては、実行できません。現実と理想は近すぎず、離れすぎず、です。

 

午後にもできそうな単純作業を後回しにするつもりで、計画をすると午前中は意外と時間が作れました。

例えば、食材の買い出し、食器洗い、洗濯物を畳む、などは頭を使わず手を動かすだけで出来るので、午後でも大丈夫です。

 

あとは、計画の通りに事を進めるだけです。

子どもの様子が変わると上手く進まないこともあるので、午前中に絶対やっておきたい事だけはとりあえずやろう!という具合でやってみました。(私の場合は洗濯物を干すことと離乳食を食べさせること)

 

やってみたらできたけど

計画通りには行きませんでしたが、最低限の事はできたし、こうしてブログも更新できました。(おかげで今は食器が山のように溜まっています)

 

それに、気合いと不慣れさが相まってエネルギーが一気になくなりました。午後は本当に頭が動きそうにありません。

もう少し慣れて余裕を持ちたいところですね。

 

さいごに

子どもの生活リズムがまだできていないときは、午前中の機嫌の良い時間に出掛けることもありました。ですが、子どもの離乳食が始まってからは、午前中に出掛けることが少なくなったので、買い物などは午後に回すなど、生活リズムを見直しているところです。

子どもの生活リズムを中心に、色々試行錯誤して流れを考えているので、なかなか予定と合わないことも出てきそうです。

子育て中の育休ママの実践記録でした。