あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

乳児性湿疹を治すために試してみること

f:id:masami11662277:20171103005727j:image

我が子は1ヶ月半になり、乳児性湿疹が目立ってきました。1ヶ月健診のときには、 お風呂に入ったら泡でよく洗うように言われ、それから一時落ち着いて、また出てきて…となかなか良くなりません。皮脂性の湿疹から、乾燥性の湿疹になってきたようです。

 

そのためベビーローションを検討しなければ、と思いネット上をウロついています。子どもが寝ている隙を狙って、1日3時間以上ウロついてます。価格や使い心地もそうですが、配合成分を見比べて赤ちゃんのデリケートな肌に合うローションを日々探しているのです。

 

化粧品のこだわり

最近の化粧品は、「脱石油」「天然由来」などなど配合成分への配慮がすごくて、肌への負担が少ないものが多く出回っています。流行りの宣伝文句の一つですよね。

実際、私が使っている化粧品や石鹸なども配合成分をチェックしてから購入しています。直接、体に入るものだから!という信念のもと、服にはあまりお金を掛けませんが、化粧品にはある程度お金をだしてしまいます。

 

なのでベビーローションも配合成分を見て購入しようと思ったのですが、予想外に膨大な時間を割くことになりました。

 

赤ちゃんへの肌にも負担が少ないという割に、結構いろいろな成分が入っているからです。商品の成分表を見て、聞いたことのないものはネットで調べて…

ここで活躍したのがこちらのサイト。

美肌マニア | 美容情報・化粧品成分

化粧品を検索すると、成分を解析した表にしてくれます。載ってないものもありますが、私が検索したものは9割ありました。

このサイトのおかげで商品を効率的に比較できました。有り難いです。

 

ベビーローションはやめた

メジャーな商品からマイナーな商品までいろいろ調べたところ、どれもこれも少しは気になる成分が入っていました。

もちろん、なんとか検査やなんとかマークが付いてて安心と謳っているものも多くありますが、そういうものは大抵「99%」との表記があるのです。

 

「全部じゃないのか〜」と思いつつ内容を確認すると大概が「界面活性剤」なんですよね。私が一番気にしてる成分。保湿するために塗っても本来の肌が乾燥肌になる…ということなので、石油由来だろうと植物由来だろうと、避けれるものなら避けておきたいところです。(様々な見解があるので詳しくは調べてみてください)

 

私が検討したベビーローションには少しでも含まれていることが分かり、頭を抱えていました。気分を変えて、たまたま持っていたベビー関係の雑誌に目を通していたら、ベビーマッサージのコーナーに「ベビーオイル」を見つけたのです。マッサージ用だけどお風呂上がりの保湿にも…と記載があったので、早速成分解析

唯一オイルだけで作られた「ベビーオイル」がありました。よし、これにしよう!と一件落着。

 

ベビーオイルもやめる?

よくよく考えていたら、雑誌で見つけたベビーオイルは海外製のもの。高い品質だということですが、一歩踏み止まってしまいます。

…これほどベビー用品で悩むことがあるとは。

 

さらに、いろいろ商品を見ていたところ、気がついたのです。

「石鹸を変えれば良いんじゃない?」

 

現在は某有名メーカーのベビー用のボディソープを使用していますが、これが肌に合っていないのかも?と思い直し、検討事項になりました。

一人でお風呂に入れるのに泡で出るタイプが良かったので、石鹸は使っていなかったのですが、これから石鹸を使ってみようと思います。泡立てネットを使って、トライです!