あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

自分の好きなところを考える

f:id:masami11662277:20171031162250j:image

今までの人生において、受験や就活など「自分の長所」「アピールポイント」を意識する機会はありました。しかしながら「自分の好きなところ」は考えてみたことがありません。

 

中高生の頃に比べたら、自分のことが好きになっている気がします。でも、どこが?どうして?という詳細は何も浮かびません。自分の変化や成長があったのだと思います。そうした変化や成長について、テーマブログをきっかけに考えることができました。

 

 

楽しさを見つけるところ 

最近、職場の先輩から送られてきた4年前のメールを見つけました。それが以下の文章です。

 

------

お疲れさまでした
急遽なお願いに嫌な顔せず快諾してくれて本当にありがとうございました

発表すごく上手だったよー
こんな環境を真摯に受けとめてくれる姿勢もステキだなーと、心強かったです

(中略)

 

また後日打ち上げしよー
ホントにお疲れさまでした

------

※絵文字が表示されてないので無機質な印象になってますが、本来はニコニコ顔やハートマークがついてます。

 

 

私の職場では、研究発表会というものがあります。課長を含めた200人近い係の職員の前で、一年かけて研究してきたことを発表するのです。研究を引っ張っていく先輩が担当として3名いるのに、20人ほどの係の代表として、何故か私が声をかけられました。

就職して2年目の秋のことだったので「なぜ私が?」「例年はもっと上の先輩がやるものでは?」と不思議に思いつつも、二つ返事で承諾しました。

 

先輩「今度の研究発表会の代表、あるとさんにやってもらえたらなぁって思ってるんだけど」

私「いいですよ!」

(若手の私で良いのかな?でも面白そうだから良いか!)

 

ちょうどこの頃に、同期が集まる研修でプレゼンテーションをしたのですが、経験不足で上手く話せず。先輩に「人前で話す経験をたくさんして、上手くなりたい」と話したことを思い出しました。もしかして、経験をさせてくれたのかな?と今になって思います。

 

初めての経験はワクワクします。何が起こるのかと、経験するまでの自分と終わったあとの自分ではどう変化しているのか、気持ちの面でも考え方の面でも比較するのが楽しみになるのです。

 

前向きなところ

私が2年間担っていた仕事を、後輩へ引き継ぐ機会がありました。年度末に後輩と打ち合わせを重ねていると、「え〜」「面倒くさそう」「やだなぁ」と溜息と一緒に零していました。仕事に対する愚痴なのは重々分かっていますが、引き継ぐ私も申し訳ない気持ちになります。

 

2年前、私が先輩から引き継ぐ時はどうだったのか?と振り返ると、嫌な気持ちや面倒くささは一切感じていませんでした。「先輩の仕事を自分がやらせてもらえる」「私が選ばれた!」と、前向きな想いばかりです。

 

細々としていて面倒な仕事だったのは本当で、後輩は当然な反応をしただけだと思います。だから、私は自分で自分の前向きさに気づいたのです。

 

頼まれやすいところ

就職して5年目の冬。上司のデスクの近くを通った時に、「ちょっとこれお願いできる?」と1〜2分で終わるような雑用を頼まれました。たった一枚の資料をコピーすることだっかもしれませんし、誰かへの言付けだったかもしれません。

 

内容は全く記憶にないのですが、もちろん「いいですよ」と即答してすぐに終わらせました。その時、上司に言われた言葉があります。

「気持ち良く返事をしてくれて助かるわ。ちょっとした頼み事もしやすい。そういう人が少なくなって来てるから。でも、そういうの大事よ。」

 

頼み事をしづらい人はなんとなく分かります。上司から見ても頼みづらい人はいるのか…と納得しました。

 

この言葉を上司から言われたら、都合の良い部下という印象を与えるかもしれません。でも、人に頼むということは人に頼るということ。ある程度、信頼しているから頼み事が出来るのだと思います。

 

職場の中ではまだ下っ端ですが、年々後輩が増えたとして、後輩からも頼み事をされる存在になったら最強だなって思うのです。

 

人との信頼って色んな方法で構築されていくのだろうけど、その一つがこの方法なのだと理解した出来事です。

 

前を向くと刺激的になる

子どもの頃は新しいこと、他人と違うことが嫌いでした。(苦手という方が正しいのかな?)しかしながら、大人になるにつれて、日常の中に新しいことが少なくなっていきます。他人と同じ物や経験が増えてきます。そのうち、いつからか、新しい経験を楽しく感じるようになりました。他人と違う経験をすると、特別だと感じるようになりました。だから、楽しめているのかもしれません。

 

新しいことを始める瞬間のドキドキワクワクは、日常の刺激になっています。それは、プライベートでも仕事でも同じなのだと思います。今後も様々なことを楽しんでいろんな経験をしていきたいです。

 

あとがき

今回も「#寄せ書きブログ」のテーマ「私のこんなところが好き」で、ブログを書きました。

好きなところはどこだろうと考えていましたが、なかなか見つからず…たまたま見つけた一通のメールからここまでの文章を書き上げました。ずっとこの文章を書きたかったみたい。詰まってたものが出た感じで気持ち良いです!スッキリ!

 

機会をくれてありがとうございます!

 

寄せ書きブログについて

▼寄せ書きブログとは?

z0n0.com


▼第二回テーマについて

z0n0.com